おしるこ科学研究所

人類が生み出した最古の魅惑の飲み物「おしるこ」についての研究に至るまでの壮絶な過程を綴るような超スペクタクル巨編ブログ

ブログとかSNSとか。

ワタクシ、つい先日まで入院してましたので、ヒマだった時や夜眠れなかった時に色んな方のブログやSNSを見てて思った事を書きます。

※今回の記事は私の腹黒さが前面に出た内容となりますので閲覧注意としておきます。

 

 

 

さて、

 

SNSの利用方法は人それぞれなので「これが正解」ってものもないのかも知れませんが、ちょっと違和感がある方のSNSのパターン、ケースを書いてみます。

 

 

・自身の自慢話しか書いていない。

 高級ブランド品などの所有自慢や過去の武勇伝ばかりで、見ていて気が滅入る。

 

 

・写真だけで文章が少ない。

 いつも「今日の〇〇です‼」「〇〇なう。」というタイトルと写真だけの記事で自身の感想なども無く何をアピールしたいのか全く分からない。そんなものを見せられてもどうしていいのか分からない。

 

 

・ネガティブ発信しかしない。

 「毎日がつまらない」「自分が嫌い」などのネガティブな記事を延々と発信し続ける。

悲劇の主人公を気取りたいだけなのか分からないがそのくせ他人の反応は気になるらしく、なかなかSNSは止められない。本当にネガティブならSNSすらやる気にならないハズ。

 

 

・いつも同じような内容で努力や進歩が感じられない。

 感性が乏しいのでいつも同じような事柄にしか興味がなく、いつも同じような記事になってしまってマンネリ化している事に気がついていない。

 

 

・他人のSNSのコメント欄で自身の自慢話しかしない。

 他人の記事に全く関係のない話を勝手に始めていつも上から目線である。

頼んでもいないのに意味不明なアドバイスをしてくる。

 

 

・他人のSNSのコメント欄で自身のブログへの訪問、コメントを強要する。

 非常識すぎてなかなか見ないレアケースだが、発見した時の衝撃度は凄まじく相手の人間性を疑ってしまうほど。

 

 

・他人のSNSのコメント欄で他の人と揉めたり挑発的なコメントを書く。

 「今さらそんな事はみんな分かっているんだけど」と思うような事をドヤ顔でコメントして自分だけが正論を言っていると勘違いして悦に浸っている。

 

 

以上のケースを通して全体的に言えるのは、「自意識過剰で客観的に物事が捉えられていない」という点である。

 

一人よがりで意味不明なものも多数あると思いますし、このブログも多分そっちにカテゴライズされるんじゃないかと思いますが、今回は見てて不快になるような、はた迷惑なものをいくつか挙げてみました。

 

 

 

どうせ情報発信するなら、見てて楽しいものや有益な情報を発信したほうがいいように思いますがね。

 

 

 

 

と、

 

 

 

日頃「座薬の常用で少し※が緩くなったかも」とか「導尿プレイをお願いする」とか最高にどうでもいい事を書いてる私自身が絶望的に説得力が不足していたという事に気がついてしまって激しく動揺して倒れそうなので今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする