おしるこ科学研究所

人類が生み出した最古の魅惑の飲み物「おしるこ」についての研究に至るまでの壮絶な過程を綴るような超スペクタクル巨編ブログ

心頭滅却納涼ちゃん

暑中見舞い申しあげ饅頭。

 

暑すぎたり、雨が降りすぎたり、降らなさすぎたり。

 

最近、日本列島がおかしな事になっているように思います。

 

こんな暑い夏には、昔の淡い思い出がよみがえります。

 

学生時代、ワタシは遺跡発掘調査のアルバイトをしていました。

 

f:id:dobrock36:20170803211030j:plain

※画像はイメージです。

 

作業は、ざっくりいえばスコップや移植ゴテを使ったメインの発掘作業(主に主婦の方々)と、

 

測量器具を使った図面作成(主に学生)とに分かれており、

 

学生時代のワタシは、持ち前の要領の良さと卓越した絵心のおかげでメキメキと頭角を現し、比較的早めに図面作成を任されるようになっていました。

 

しかし、夏場の作業ではあまりの暑さに全てのスタッフが苦悶の表情を浮かべながら作業に勤しんでいたので、

 

『地上に舞い降りた最後の天使』

 

と言われるほどの優しい心の持ち主だったワタシは、周囲のスタッフの方々の暑さが少しでも和らぎ、

 

涼しい気持ちになってもらえるように、との願いを込めて、

 

当時ワタシがいつも被っていたキャップの正面(通常ロゴが入る箇所)に、

 

『納 涼』

 

 と書いて、周囲にありったけの清涼感を振り撒いていました。

f:id:dobrock36:20170803205929p:plain

※画像はイメージです。

 

 

 

すると、何故かそれ以降みんながワタシの事を、

 

 

『納 涼 ち ゃ ん』

 

 

と呼ぶようになり、温かい目で見守ってくれるようになりました。

 

 

少しでもみんなが涼しくなってくれたら、という思いでやったことでしたが、

 

今思えば、

 

ちょっとアレな子みたいに思われてたという事に気がついたので、とりあえず枕に顔をうずめて足をバタバタしながら寝ます。